食育のおはなし

食育のおはなし

食べることから考える、むし歯予防を始めよう!

【食】=『人』を『良』くする
食べることは、健康に直結するとても大切なことです。
それは、「歯」にとっても例外ではありません。

歯みがきの上達、歯並びの改善には、
ある程度の時間が必要かもしれません。
しかし、食べるものや食習慣を変えることは、比較的取り組みやすいむし歯予防の一つではないでしょうか?

「『食』と考えるむし歯予防」
食べることから健康なおくち、そして、カラダをつくっていきましょう。

むし歯を防ぐ食習慣

1. 食事の時間、おやつの時間は規則的に。おくちの休み時間をしっかり取ろう。

2. よく噛んで、唾液をしっかり出そう!使おう!

3. 就寝前は、何も食べない時間をたっぷり取ろう。

4. 砂糖の”量“を”考えて”食べよう。

5. みんなで食事を楽しもう。

むし歯の予防には、食べ方がとっても重要!
甘いものを食べてむし歯になるかどうか。それは、『頻度』と『量』次第。

1.食事の時間、おやつの時間は規則的に。おくちの休み時間をしっかり取ろう。

①何かを食べる度に、口の中は酸性に傾き歯の表面が溶け始めます(脱灰)。
②その後およそ20分かけて回復し、そこから40分ほどかけて唾液の再石灰化の作用で、溶け出した部分が修復されます。

何も食べない時間が十分(2~3時間)取れる規則正しい食生活では、
脱灰と再石灰化のバランスが取れてむし歯になりにくくなります。

しかし、食べる頻度が多くなると、再石灰化のゾーンにとどまれず、脱灰状態の時間が長い、むし歯になりやすい状態になります。

こんな習慣、要注意です!
・ 3度の食事の間に甘いものなどを食べる(飲食回数5回以上は要注意)
・ 夜寝る直前まで、何か食べたりジュースを飲んだりする
・ 量は少なくても、アメなど甘くて長く口の中にあるものを食べる
・ 喉が乾くとジュースやスポーツドリンクで水分補給

2. よく噛んで、唾液をたっぷり出そう!使おう!

唾液の恩恵をたっぷり受けるために、1口30回を目安に良く噛んで、唾液の分泌を促しましょう!
やわらかメニューでは、30回が難しいので、きのこや乾物などの繊維質を混ぜたり、具材を大きめに切ったりして、“噛める”工夫をしましょう。

3. 就寝前は、何も食べない時間をたっぷりと。

就寝中は、唾液の量が1/5程度まで減り、再石灰化のゾーンに戻りにくくなるため、特に注意が必要です。
最低でも寝る前1時間は、水かお茶を飲むくらいにして、再石灰化が完了してから、眠りに就きましょう
 

 

むし歯予防の基本 砂糖との付き合い方

砂糖はむし歯の一番の原因 その理由は?

  1. 歯の汚れの素になるから
    歯の汚れ(歯垢・プラーク)は、歯の表面にこびりつく細菌のかたまり(バイオフィルム)で、これを作る一番の原因となるのが砂糖です。
  2. 酸を作るから
    バイオフィルムの中では、細菌が砂糖を分解して『酸』を作り、それが歯を溶かし、むし歯ができます。砂糖の濃度が高くなるほど、酸度が高くなることもわかっています。
  3. 他の糖も悪さを出来るようにしてしまうから
    バイオフィルムができると、それが様々な菌を呼び寄せ、砂糖以外の糖でも『酸』を作り出せるようになります。
    よく目にする「ブドウ糖」や「果糖」、その混合液の「コーンシロップ」、清涼飲料水にはほぼ例外なく含まれる「果糖ブドウ糖液糖」などでも酸の材料になってしまい、さらにむし歯のリスクを高めます。
砂糖の限度量
砂糖の摂りすぎは健康生活習慣病リスクもあげてしまう

砂糖の摂り過ぎは、むし歯のみならず、生活習慣病のリスクにもつながります
・ 肥満
・ 非アルコール性脂肪肝炎
・ 動脈硬化など循環器の病気

WHOが制定した砂糖の限度量(2015年)
●砂糖の摂取量=1日の摂取エネルギーの10%以内を推奨
3歳児の5% = 約15g
成人の5% = 25g

米国心臓学会が制定した砂糖の限度量(2016年)
●2〜18歳の1日あたりの添加糖(ブドウ糖や果糖、砂糖(ショ糖)、ハチミツ、シロップ、果汁、濃縮果汁など自然に存在する糖)摂取量 =25g未満を勧告
●2歳未満の小児に対しては食事への添加糖分を避けるよう提言
→味の好みは生後早期に決まり、それが甘味に偏ると、小児・若年成人における肥満の割合、高血圧など心疾患のリスクが上昇してしまうため。

関連資料 日本経済新聞 2015.3/5付

3歳以降の甘いおやつガイド

●就園し、“お友達”との関わりも生まれ、甘いお菓子の味を知る機会が増えます。
それをすべて排除するのは難しく、また、制限の度合いによっては、社会性を学ぶ機会を奪うことにつながりかねません。

●むし歯予防を意識しつつ、他者と甘いお菓子、両方とうまく付き合うためには
『1日にこのくらい』とルールを決めて、楽しみましょう。
お友達、おじいちゃんおばあちゃんが相手でも、そのルールは曲げないよう努めます。頂きものは一旦預かって、その中からルール分だけ選び、残りは“次のお楽しみ”にとっておきましょう。
『今日は特別』は、誕生日やクリスマスなど本当に特別な日に・・・

●『このくらい』ってどのくらい?
先述の砂糖の限度量、日本歯科医師会のむし歯予防のための砂糖の限度量(1977)より、
3歳以上の子どもの目安
1日あたりの砂糖摂取限度量15〜20g = 角砂糖4〜5個分

最新食育インフォメーション食べることから考える、
むし歯予防のおはなし
むし歯になりにくい口内環境作りハイブリッドむし歯予防
のおはなし
乳歯でもきちんと治そう!子どものむし歯と治療
のおはなし
安全に治療を行うために小児歯科治療の
安全対策のおはなし
後から生えてくる永久歯のために保隙ほげきのおはなし
楽しく通ってむし歯予防各種おたのしみ
アイテムのおはなし

PAGE TOP