小児歯科

小児歯科

歯はなるべく削られたり抜かれたくないもの。
そのためにできることを患者さんと一緒に考えながら治療をすすめます。

予防治療を大切にします

歯を削るのはできれば避けたいものです。このために大事なことは予防です。材料や技術の進歩により最近では様々な予防法ができています。(予防歯科の項目参照)

それでも虫歯になってしまったら

虫歯はその歯だけでなくほかの歯にも感染します。虫歯を見つけたら早めに治療しましょう

虫歯の治療 その1
虫歯が小さい場合、歯と同じ色のレジン(プラスティックのようなもの)で詰め物をします
虫歯の治療 その2
虫歯が中くらいの場合、その歯の型を取って穴と同じ形の詰め物をします
虫歯の治療 その3
虫歯が大きく歯の形が無くなってしまった場合、土台を作って金属の銀歯をかぶせます
神経の治療
むし歯の大きさによりますが、浅い部分の神経は虫歯菌が住み着いていても根の部分の神経は健康な事があります。この健康な神経を残すことがその後の歯の成長やその次の永久歯の出来方、 生え方にも影響するのでむやみに取ったりせずに、出来るだけ神経を残すように治療します。
保隙装置

虫歯が進んでしまって抜歯しなければならない場合、ほっておくと隣の歯が倒れてきます。 そうなると、次の永久歯が生えてこられなくなる場合があるので、抜けたすき間を確保しておく治療を行います。

乳歯は虫歯になっても生え代わるから大丈夫?

全然大丈夫ではありません。乳歯の虫歯が多いと虫歯菌はお口の中に住みつきやすくなり永久歯の虫歯につながります。大人になっても虫歯になりにくくするためには乳歯の時期からの予防、治療が重要なのです。

と銀について

と銀とはフッ化ジアンミン銀というお薬を歯に塗ることで、現在の虫歯をそれ以上進行しないようにする治療法です。虫歯進行の抑制効果はあるのですが、これを塗った歯やお薬がついてしまった隣の歯が真っ黒になってしまうので当クリニックでは行っておりません。小さなお子さんにも白い歯が輝くスマイルを持ってほしいのです。

ラバーダム治療
小さなお子さんは不意に動いたり、唾液もたまりやすいので、薄いゴムのシートを歯にかけ、汚染を防いで治療します。お水や削りかすがお口に入らないので清潔を保ったまま治療が受けられます

歯ならびの治療は最も大事な虫歯予防法です。

歯列不正の治療は虫歯予防のもっとも重要な治療です。また、すっきりとしたきれいな歯並びで得られる笑顔はお子さんにとっても大事なものです。乱ぐいの歯や受け口などの不正咬合は子供の頃からの矯正治療で予防できます。お口の中を見てみて、もし次の様な症状があったら、ご相談下さい。

1 歯と歯の間に隙間がない
2 上と下がうまく咬んでいない (特に左右にずれがないかチェックして下さい)
3 下の歯が出ている(受け口)
4 上の歯がでている(出っ歯)
5奥歯は咬んでいるが前歯が咬んでいない
6 永久歯が生えてこない

その他

治療の合間にはテレビでアニメが見られます。
むし歯の治療が終了したらガチャガチャコインがもらえます。

PAGE TOP