モデルを目指す方の矯正治療

モデルを目指す方の矯正治療

モデル志望の患者さんから、業界ではオーディション等を受ける都合から、 歯の表側に矯正装置がついていると不利なことが多いというお話しを多く聞きます。

やむなく矯正をあきらめて、歯を削って人工の差し歯を入れるなどの方法を選択される方がいますが、 自分の歯に勝る歯科材料はありません。 矯正治療は自分の歯を使って歯ならびを治す医療です。 歯の表側ではなく、裏側から治療する方法や着脱式の透明マウスピースをはめて治す方法があります。

当医院では多くの経験と実績から、従来のマウスピース型矯正治療での問題点を改善し、 更にマウスピースの装着期間を短縮し、 マウスピース矯正を望まれる患者さんに応用しています。モデルを目指してはいないけれども、歯の表側に装置をつけることには抵抗があるという方も一度ご相談下さい。 ご自分のお口の中が、以下のような方は一度、診察にいらして下さい。

適応症

反対咬合(はんたいこうごう)
下の歯が前に出ている状態
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯が前に出ている状態
叢生(そうせい・やえば)
歯並びが凸凹の状態
空隙歯列(くうげきしれつ)
すきっ歯の状態

治療の流れ

精密検査

顔や歯のX線撮影や歯型を鳥、歯ならびや顔型を細かくチェックします。

診断

検査結果から治療方法や使用する装置、期間、治療費用などの詳しいご説明をします。

装置作製のための歯型とり

患者さんの状態に合わせて取り外し式や固定式など、治療のための装置を作成します。

装置の装着

装置の使い方や、注意点、お手入れの方法などをオリジナルの資料を用いて説明します。

治療

2〜3ヶ月に1回の割合で治療終了まで定期的に来院いただき治療します。

保定

治療後の歯ならびを安定させるため、保定装置を使用。 定期的に検診、クリーニングを行い、口内は健全に保たれているかチェックをしていきます。

横顔のレントゲン写真から、顎の長さや歯の傾斜角度を測り成長発育量を調べます。
経年的なデータから顔面型による今後の成長方向はほとんどの場合、予測ができます。
これらをもとに今この時期にやっておかなければならない治療の計画をたてていきます。

治療法

唇側矯正
(通常治療)
裏側矯正
(舌側治療)
マウスピース
(アライナー治療)

費用の目安(税別)

相談料無料
検査・診断料¥40,000
治療費¥850,000(通常)~¥1250,000(裏側矯正)
*一次矯正から移行の場合、一次矯正治療分割引
*無利息分割払い可(24回まで)
*一括払い(窓口・振込)の場合5%引き
審美ブラケット費無料
処置料無料 通常の通院ごとに治療費はかかりません
保定料無料(当院規約に則る)
クリーニング料無料(一年間)
PAGE TOP