2022 新型コロナ第7波発生に伴う感染防止の為の対応について

当院では新型コロナウイルス感染症に対して考えうる全ての感染防止対策を施し、万全の医療体制を整えて診療に臨みます。

1.当医院は隣の患者さんの飛沫がかからないよう、完全個室診療で設計されています。待合室も広く作ってあり待合の時間や、保護者の方の感染予防にも配慮しております。
2.アメリカ疾病管理予防センター発行「スタンダードプリコーション」を基準にした感染症予防対策を実施しております。
3.飛沫を伴う処置中は吸引バキュームを個別に作動させています
4.洗口用紙コップやエプロン(持参のものを除く)、グローブ、マスクはディスポーザブル(使い捨て)にしています。
5.診療開始直前には消毒剤にてうがいをお願いしています。
6.診療器具類(ミラー、ピンセット等)は個別滅菌し、使用時に都度開封、使用後は速やかにオートクレーブ滅菌処理を行っております。
7.治療用椅子は一診療ごとに専用消毒液で消毒しております。
8.待合室2箇所 診療室3箇所、の定時換気を行なっています。
9.毎日定時に消毒薬を噴霧しております。
10.待合室、診療室に高性能大型空気清浄機、大型加湿器を配置しています。
11.診療室の入室人数を抑えるため、保護者の方はタブレット端末を利用して治療説明が受けられるシステムを導入しています。

感染拡大防止のためのお願い
1.お付添の方は最小人数でお願いいたします。
2.お付き添いの方も含め、来院時には体温測定、手洗いとうがいをお願いします。
3.土曜日は混雑し、感染のリスクが高いため可能な方は平日のご来院をお願いいたします。
4.スリッパは撤去しております。ご来院の際はご自宅からスリッパをご持参ください。
5.以下の患者様はご来院をお控えください。
・37.5°C以上の発熱がある方
・PCR検査陽性の方
・新型コロナウィルス感染症の患者と濃厚接触された方
・4日以内に海外渡航歴のある方(ご家族・同居の方含む)

PAGE TOP